読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴方を思い出すと私は哀しい

呉西しの さんが、綴ったり綴らなかったり。ノベルとか小説とか書いています。御用の方はonisisino@gmail.com まで。HP: http://onisisino.xyz

10/5雑記

雑記

今まで読んだ本とか色々

 

 

私の世界を変えた本、又は著者。

 

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

  小学生の時にハマる。

  有名な作品はハウルの動く城だが私は見たことがない。

  クレストマンシーシリーズがおすすめ。

  ファンタジーの女王らしい。

 

ギリシャ神話

  中学生の時にハマる。

  人間らしさがいい。

 

江戸川乱歩

  高校生の時ハマり、いまでも何かあると読む。有名な「明智小五郎シリーズ」よりも私はグロチックな話が好き。

  孤島の鬼はバイブル。本人自身も同性愛者とのことで作品にもでている。

  死のシーンが驚く程あっさりしているため、乱歩氏が伝えたいことは死ではないんだろうなぁと勝手に思っている。

 

夢野久作

  社会人になってからハマる。

  「ドグラマグラ」はバイブル。

  どうしても呉という字を入れたかったのもその為。

 

おすすめの本

秋葉原@DEEP 池袋ウェストゲートパーク 青の炎 マーリー

 

かげろう日記 (角川ホラー文庫)

かげろう日記 (角川ホラー文庫)

 

彼女が死んだ。

そんな事態に主人公は安堵していた。

これで浮気相手と正式に付き合える。

ところが死んだ彼女から荷物が届く。

それは彼女が死ぬまでの日記だった。

最後の展開に驚き、ここからホラーが好きになった。 

 

 

 

 

 

漫画

 

 さよならも言わずに。

上野氏はギャグマンガ家であるが、これは上野氏の妻が亡くなった時の事を事細かく書き起こした漫画である。

部屋のすみずみまで書かれており、ダンボールのアマゾンの印刷に至るまで書かれている。妻は極度のうつ病。許しあって生活していた様子が伺える。

そして突然の死。

心理描写が心に迫るものがある。

当たり前の日常が簡単に崩れ落ち、淡々と過ぎていく葬儀。

 

死ぬときに私は、さよならと言えるんだろうか。

落ち込んだ時に読む漫画。

 

 

羊のうた (第1巻) (バーズコミックス)

羊のうた (第1巻) (バーズコミックス)

 

 羊のうた

「私の血を飲みなさい」

忘れ去られた記憶の中で、久しぶりに出会った実の姉に告げられる。

「私たちは吸血鬼の家系なの」

血を激しく求めてしまう奇病。

短命な血筋ゆえ、今にも消えてなくなってしまいそうな千砂。

主人公は姉の血を求め、姉は主人公に死んだ父を求める。

 

切なくて他廃的。

落ちる気持ちをもっと落とすときに読む漫画。

 

 

 

 

暗い読み物が多いですが、抉るような読み物の方が心に残る気がします。

私の作品はまだまだですね。

日々精進いたします。