貴方を思い出すと私は哀しい

呉西しの さんが、綴ったり綴らなかったり。ノベルとか小説とか書いています。御用の方はonisisino@gmail.com まで。HP: http://onisisino.xyz

小説を執筆するうえでスランプに陥ったら

雑記

 

 

私はこうしているよ!

という提案です。

 

 

執筆を行っているとたまに襲い来るスランプ。

物書きをされる方にとって、歯がゆく苦しい状態かと思います。

呉西はこうしているよ! というお話を少し。

参考にするほどではないかもしれませんが、スランプに陥り藁にもすがりたいときは試すだけ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

■まずは原因を考える

1.納期に追われている。

2.自分にとってショックな感想、コメントがあった。

3.とにかくかけない。

 

 

まず、1の場合。

落書きでもいいので納期に間に合うために必要な計画を簡単に書き出しましょう。できるならば甘めに計画を設定しましょう。30分ごとに休憩を入れる、今日はとりあえずここまで頑張る。など自分に余裕があることを認識させましょう。

しかしもし、納期が本当にギリギリでそう考えても人間の限界を超えている場合、このページをそっと閉じて死ぬ気で頑張りましょう。

 

2の場合。

どんな感想でしたか? どんなコメントでしたか? また貴方はどのように傷つき、どう思いましたか?

感想、コメントがあることはとても素晴らしいことです。

感想やコメントを頂ける貴方のことですから素晴らしい文章を書いているとお見受けいたします。

しかし、批判的なコメントはショックなもの。

この場合、作品に対する批判は折り合いを付けて改善しましょう。

作者、貴方に対する批判の場合、全員に好かれることは難しいのです。貴方を好きだといってくれる人はたくさんいます。

貴方の作品をイイと言ってくれる人を思い浮かべて頑張っていきましょう。

 

3の場合。

大変ですね。とても辛いと思います。

もしも題材や、簡単なプロットが決まっているのであればいやいやでも10分だけでも、条件を決めて書き始めてみてはいかがですか?

題材もプロットも決まっていない。何を書いていいかわからない。ただ漠然と「コレ(ジャンル)」が書きたいと決まっている方は似た作品を探すのも手だと思います。

映画、漫画、ゲーム。なんでもいいので妄想力を補充しましょう。

もしも、何か書きたいけどジャンルもない、本当に何を書いたらいいかわからない場合、人がおすすめする漫画を読破してみることはいかがでしょうか?

その際、友人にはこの様に聞くことをおすすめします。

「君がおすすめする漫画を教えて欲しい。あと、その漫画の見所と好きなキャラクターを教えてくれ」

例えばそれが今まで読んだことのないジャンルであったとしても、友人が熱く語るならば人を魅了するだけの力がある作品、ということになります。

そこから何かひらめくものもあるかもしれません。

 

 一応、私おすすめの漫画もいくつかおいていきますね。

 

マイガール コミック 全5巻完結セット (BUNCH COMICS)

マイガール コミック 全5巻完結セット (BUNCH COMICS)

 

 高校生の時に年上の彼女(大学生)と付き合っていた。

 彼女は留学するので主人公と別れたいと一方的に振られてしまう。

 主人公は社会人になっても彼女のことを忘れることができなかった。そんな主人公に小さな女の子「こはる」が現れる。こはるは彼女の娘だと名乗るが……。

 

 健気な「こはる」がたまらないんです。

 そして物語は綺麗な大団円で終わります。これほど素晴らしいラストは今でも私は見たことがありません。 

 

 

 

 

Zero (バーズコミックス)

Zero (バーズコミックス)

 

  ああ、もうなんかむしゃくしゃする!

 そんな時には冬目景先生の作品はいかがでしょうか。

羊のうた」はどうしようもないやり場のない気持ちが詰まった傑作。

「ZERO」は荒削りながらもスピード感と悪い気持ちを満たしてくれる作品です。

 

 

 

 さて、最後に。

 どうしても言い回しに悩み手を止めてしまう時、ありませんか?

 そういう時、私は友達に電話をかけます笑

 そしてアイデアをもらって、そのまま反映します。

 

 しかし、その相談をするときも簡単に詳細を伝えましょう。

 セリフであれば、そのキャラクターのこれまでや気持ちも一緒に伝えちゃいましょう。

 

 

 では、最後までお読みいただき有難うございました。

 スランプはとてもキツイですが、その壁を乗り越えればきっと素敵なものが見えてくるのだと思います。執筆活動、一緒に頑張りましょう。