貴方を思い出すと私は哀しい

呉西しの さんが、綴ったり綴らなかったり。ノベルとか小説とか書いています。御用の方はonisisino@gmail.com まで。HP: http://onisisino.xyz

雑記 現実に震える

f:id:K0244no:20160323194325j:image

先日の2連休でホワイトハート文庫に応募する作品を書き終えた。


だが、今、私は酷く焦っている。


校正が済んでいないので、現状、酷い内容になっているのだが、それはまだいい。
問題は、応募の規定ページから85ページからに対し、作品完成ページが55ページという事。

思えば、応募用作品を書くのはこれで3度目。
たった3度目。
されど3度目。
だけど、あえて言い訳をするならば、初恋愛ものなのだ。
だから戸惑ってこんな結果になったんだと思って欲しい……。


それでも、時間には言い訳が出来ない。
応募まで後1週間しかなく、校正をしながら描写を増やし、30ページ増やすのだ。
1ページ40×40で1600文字。(全部埋めるわけではないが)
を30ページ……。


う……。
私は何故ブログなんて書いてるんだ……。


計画性がなさすぎる……。
プロットの書き方をもう少し見直さなければいけない……。