読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴方を思い出すと私は哀しい

呉西しの さんが、綴ったり綴らなかったり。ノベルとか小説とか書いています。御用の方はonisisino@gmail.com まで。HP: http://onisisino.xyz

雑記 暖かな陽だまりの中で

雑記。

 

 

 俗に言う燃え尽き症候群なんだろうか。

 小説を書き終えて三日、四日、仕事には行くのだが眠くて堪らない。おまけに少し体調も崩してしまったようで。書き終えてからは寝るか仕事しかしていない。

 でも今日は、今までの眠りすぎが祟るように、ベッドに寝転んでも眠れなくて焦った。体はとうにヘトヘトでしんどいのだけれど、椅子に座った次第。

 急ぎではないけれど、やることもソコソコあるので疲れて眠くなるまで消化していきます。

 

 短編は、ネタが少し溜まってきたので明日か明後日に放出していくつもり。

 今は「人殺し係長」なんて物騒な題名が頭の中でグルグルしているので、明日までにはナイスな題名に変わっていることを希望します。

 

 

 最近は、そう。

 マンガを読む量が増えた。

 先日七十冊ほど処分したけれど、まだ本棚が足りない。

 それだけじゃない。

 オンラインマンガを購入し過ぎて請求額が目も当てられない。本当に、本当にやばい。

 一日隙間時間を利用して話数で言うと100~150くらい読むことも。

 ただ面白くて読んでいるのもあるけれど、読んだ時にどう面白かったか頭の中で研究するのが楽しい。

 でも、100以上も読むと流石に全部は覚えてないので意味がないですが。

 

 

 小説も読む。おもに勧められたものを。

 勧められた時には、何がいいか、どういいか、をよく聞くようにしている。

 その要所を踏まえたうえで読む。

 そうして面白かった時、教えてくれた人にどう良かったか、あそこが熱かった! このキャラがどうだったか、感謝を絶対述べるようにしている。

 勿論、人が書いたものならもっと熱く語るよ。私は。

 

 

 

 さて、話が二転三転するのだけれど、

 私はよく変わっているとか、ぶっ飛んでいると言われる。

 あと、顔が怖いとか、怒ってる? とか。

 変わってて、ぶっ飛んでて一緒に居て楽しいって言ってくれる人もいるけれど、基本的には怖いし、あいつは危ないやつ、で、仲良く出来ないことが多い。

 こういうことは、“私の人生”において凄く損だなと思う。

 だが、私の問題はここで“大人しいいい子”になれないところ。

 

 

 もっと追及して書こう。

 

 私は“恋愛が出来ない”のだ。

 

 

 よくある「きゅんっ」とかが、無理なのだ。

 もっと言うと異性が無理だ。

 意識されるというやつがとても苦手で、過去に何度「お前って女っぽくない、男友達って感じ」と言われたか。いや、言わせたのだけど。

 一応生物学上女なので、異性と二人っきりになるとそういう雰囲気も出されるのだけれど、ついクラッシュしてしまう。

 そんなことを続けていると「あいつはやばい、変わってる」というレッテルを貼られる。同性にもそんな風に見られる。

 

 最近は、もっとかわいく生きてくればよかったなぁと後悔しています。

 

 

 本当に雑記でした。