貴方を思い出すと私は哀しい

呉西しの さんが、綴ったり綴らなかったり。ノベルとか小説とか書いています。御用の方はonisisino@gmail.com まで。HP: http://onisisino.xyz

雑記 「異世界に来たからにはタダでは帰しません」を書き終えて

 

 まず、すべての人々に私の全てをもって感謝申し上げます。

 担当者さん、イラストレーターさん、読者様、そして唯一私が小説を書いていることを知り、応援してくれた友人Y氏。

 本当に、ありがとうございました。

 

 

 実はこの記事は、最終話を書き終えた後に書いています。

 満足感と、終わってしまう寂しさと、いろいろ心の中で混ざって複雑な気持ちです。

 

 作品にたいして、多くを語りません。

 ただ、これをベストチャレンジで書き始めた時、私は凄く絶望していて「こんな世界滅んでしまえ!」と思っていました。

 書きはじめこそ、むしゃくしゃしていましたが、はじめからコンセプトは「愛」にしようと決めており、1話、2話を書いた後、最後までプロットを書き終え「んー24話くらいで終わろうかなー」と思っていました。

 12話まで公開していたところ、公式のお誘いがあったというわけです。

 

 公式になるにあたり、予定より描写は増やしました。(あれで)

 

 なにはともあれ、当初から決めていた話数まで書かせていただき、本当に好き勝手かかせていただきました。comico様には本当に感謝です。

 

 

 呉西 しの